ちびしろさんぽ

脳内を ちょっといじって 垂れ流し

十数年越しの悲願?達成の喜び

カスタムロボV2激闘編最後のステージ、ゴールドタワーをクリアした

エンディング演出を脇目に見ながら書き始めている

 

達成感や喜びと同時に終わってしまった寂しさも感じている

 

負けの悔しさがあったり最後の方は違法パーツ(純正パーツが強化されたイレギュラーなもの)でのゴリ押しも増えてきたりとこのゲームを最大限楽しめなかった部分はあったけど旅立ち編、激闘編中盤くらいまでは相手のカスタマイズやステージからカスタマイズを考えてバトルするというこのゲームの醍醐味を味わえたと思う

続きを読む

休日前の楽しい時間

今日は8時間労働が人間の限界だろうと痛感する一日だった

明日も勤務だったら酷く精神を蝕まれていたことだろう

 

と不満はこの辺にして今日帰ってきてからやったこと、感じたことを書く

大きく2つある

 

1.以前思いついたプレイリストの活用を実際に試してみた

(詳しく知りたい方は下のリンクへ)

little-walk38.hatenablog.com

 

簡単に言えば楽曲データがたくさんあって聴かない曲、聴けない曲というものが生まれるから一週間ごとにこれを聴くという曲をまとめたプレイリストを作っていこうというものだ

 

続きを読む

人生においての目を向ける方向性

一日が長い

8時間の労働も長い

 

未来の目標のために生きるのも大変だけど目標なく生きるのも面白くない

今の生活はそんな板ばさみの中にある

 

そんな人生に見出す目標、というか目指すのは「どんな状況、状態であっても自分を承認、肯定する」という生き方だろうか

 

何か特別な能力がなければできないことではないから今からでもできる生き方だ

だからと言って簡単ではない

 

ただダラダラ生きるのでは実現できないけど少し意識を変えるだけでもその実現に大きく近づく

 

そんな絶妙な難易度でどんな生き方を選択するにも避けては通れないであろう自己肯定を目標として生活するのはたぶん間違っていないはずだ

 

私は汎用性の高いものが好きだ

人として生きる以上切り離せない心について詳しいのは決して損はしないはずだと思い心理学を学んでいるというのもある

 

心身の健康というのも人は生身の生き物である以上見逃せないポイントだと思い少し前から意識はするようにしている

 

だから自己肯定を第一に意識して生きていこうと思う

 

具体的な目標を定めるというのは嫌いだけど、こんな生き方をすれば自己肯定がしやすくなる(しにくくなる)と考えれば自ずと具体的な生き方も見えてくるという期待も込めて

誰にでも欠かせないもの

書きたいことがあるような気もするけど書いたところで何になるんだという気もする

 

今の生活に大きな不満はない

きっとそれくらいが一番幸福なのだろう

 

自分の発信にちゃんと向き合ってくれる人と交流したい

自分の存在を誰かに(好意的に)認めてもらいたい

自分がここに生きているということを実感したい

 

きっとそんな存在に巡り会うことができたら他に何も要らないと言えるかもしれない

 

もしかしたらどんな状況でも自分で自分の存在を承認できるようになったらそんな存在すら要らないのかもしれない

 

他人を操ろうとするより実現しやすいのかもしれない

 

ありふれた心理学の本や自己啓発本にも書かれている無条件の自己肯定

 

所詮理想論と軽く流さず真剣に向き合うべき課題なのかもしれない

思い入れのあるモノたち

今週のお題「2018年に買ってよかったもの」

 

ちょうど書こうと思っていたテーマがブログの方からお題として出てきたので書くことにする

 

今年は本格的に働き始めた(過去の自分との比較)から高額なものをたくさん買った

タブレット、ヘッドホン、DAP(デジタルオーディオプレイヤー)、Oculus Goなど挙げればたくさんある

 

どれも多かれ少なかれ買って良かったと思っているけどその中で今でも活用していて特に買って良かったと思うものを挙げていこうと思う

 

1.Bluetoothスピーカー  JBL XTREME2

 

続きを読む

言うだけならタダ

肉便器が欲しい

死ぬまで使いきれないほどの金が欲しい

自分の家が欲しい

称賛されたい

ビブラートとかの歌唱テクニックを習得したい

召使いが欲しい

 

世の中が自分の都合の良いように回って欲しい